お腹が張る 原因

お腹が張る原因について

お腹が張る原因

「おなかが張る」原因にはいくつか種類があります。
単純に「これが原因」と1つの要因が挙げられないので自己判断が難しい場合もあります。原因に心当たりがない場合は、必ずお医者さんに行きましょう。

 

まずよくある原因が、便秘や生理、生理前です。
便秘であれば腸の中に、生理であれば子宮の中に排せつ物が溜まっていますので、その分おなかが膨らんでしまいます。これらが原因の場合はとても特定しやすいでしょう。
三日ほど便が出ない、生理前であることなど、普段の生活と少し違う状態になっていれば恐らくそれが原因です。

 

便秘であればそれを解消する運動やサプリメントに頼ってみるといいでしょう。
生理が原因であればおなかや背中を温めたり、マッサージなどをして緩和を試みるなどの手段が考えられます。生理の際にマッサージするといつもよりたくさん経血が出る可能性がありますので、貧血になりやすい方にはあまりおすすめできません。

 

これらは日常でよくあるもので、短期的なものです。
ある程度時間が経ったり、簡単な処置で緩和されることが多いものです。

 

日常的につらい場合はすぐに病院へ

重大なのは、おなかが張ることが日常になっている、慢性化してしまっている人です。
毎日おなかが張って仕方ないという人は、腸内環境が荒れている可能性が非常に高くあります。よくあるのが、肉が中心の食生活を続けたことによる善玉菌の減少です。
もし思い当たる節のある方は、野菜中心の生活を心がけるようにしてみてください。ヨーグルトなども効果的です。
また、ストレスなどで腸の動きが鈍くなっていることもあります。
この場合は乳酸菌でも太刀打ちできないでしょう。ストレスを解消するように心がけ、あまり酷いようであれば病院に行きましょう。

 

 

お腹が張る!苦しい!膨満感を自宅で解消する方法トップへ戻る